ガードナー 臨床スポーツ心理学ハンドブック

978-4-89013-486-1

フランク・ガードナー/ゼラ・ムーア 著 佐藤 寛/金井嘉宏/小堀 修 監訳

B5判・並製・244ページ

発行年:2018年05月下旬

ISBN:978-4-89013-486-1

定価:本体4,800円+税

近日刊行予定

内容

臨床スポーツ心理学の国際的な権威、
フランク・ガードナーの代表作にして世界標準の教科書!

臨床スポーツ心理学は、スポーツ心理学と臨床心理学を統合したもので、
アスリートのパフォーマンスに関する問題を、
その背景にある心理学的問題も含めて総合的に検討し、
対処法を提供することを目的としている。
著者のF・ガードナーは、プロアスリートやオリンピック選手の臨床に携わる実践家でもあり、
自身の経験と知見を踏まえ、
現場において、アセスメントや分類、事例の概念化、
介入計画などにまつわる様々な困難に直面している実践家たちに、
エビデンスに基づいたアプローチ法を紹介する。

 

 

【 本書の特徴 】

▶スポーツに臨床心理学の科学と実践を応用した新しい試み。
▶理論、研究、実践に関する情報を首尾一貫した理論モデルとして提示
▶マインドフルネスをスポーツに適用した、マインドフルネス・アクセプタンス・コミットメント(MAC)についても論及。
▶アスリートの問題の分類に役立つ「スポーツ心理学的多元分類システム(MCS-SP)」について詳述。
▶イメージトレーニングなど従来の心理的スキルトレーニングがパフォーマンスを向上させることのエビデンスは十分でないことについて言及。
エビデンスに基づいた確かな内容。

 

【 対 象 】

◆スポーツ分野で実践に携わっている心理学とスポーツ科学の専門家、および専門家を目指す学生
◆スポーツ分野に関わる医師、コメディカルスタッフ、トレーナー、部活動やクラブチームなどの指導者

 

【 目 次 】

〈第1部 理論的・科学的基盤〉
第1章 臨床スポーツ心理学への招待
第2章 臨床科学とスポーツ科学を統合する

 

〈第2部 アセスメントと分類〉
第3章 スポーツ心理学的多元分類システム(MCS‒SP)
第4章 臨床スポーツ心理学におけるアセスメント

 

〈第3部 臨床スポーツ心理学における介入〉
第5章 伝統的なパフォーマンス強化介入の有効性の評価
第6章 パフォーマンス向上(PD)のためのマインドフルネス・アクセプタンス・コミットメント(MAC)
第7章 パフォーマンス不調(Pdy)
第8章 パフォーマンス障害Ⅰ(PI‒Ⅰ)
第9章 パフォーマンス障害Ⅱ(PI‒Ⅱ)
第10章 パフォーマンス終結(PT)
第11章 臨床スポーツ心理学における事例定式化

 

〈第4部 その他の検討事項〉
第12章 臨床スポーツ心理学における倫理
第13章 臨床スポーツ心理学における専門性の向上とスーパーヴィジョン
第14章 今後の方向性

【 著 者 】

フランク・ガードナー(Frank Gardner)
ペンシルバニア州フィラデルフィア、ラサール大学の臨床心理学領域に開設された心理学博士(PsyD)プログラムにおいて准教授を務めている。ホフストラ大学にて臨床スポーツ心理学の博士号(PhD)を取得。心理士の有資格者のうち5%にも満たない優れた心理士が持つ、アメリカ専門心理学委員会の認定資格を受けている。臨床心理士、大学院生の指導教官、スーパーヴァイザー、スポーツ心理士として45年の経験を持ち、青少年、大学生、オリンピック、プロといったアスリートを対象に仕事をしている。40年以上にわたってスポーツ心理士としてプロスポーツの世界に大いに貢献し、ナショナルホッケーリーグ(NHL)、ナショナルバスケットボールアソシエーション(NBA)、メジャーリーグベースボール(MLB)の複数のチームで働いてきた。アメリカ心理学会(APA)の会員であり、応用スポーツ心理学促進学会から認定コンサルタントとして認められた最初の心理士の一人である。APAのスポーツ心理学職能領域を設立した中心人物の一人であり、スポーツ心理学トレーニングプログラムのためのスポーツ心理士の養成カリキュラムを開発した。

 

 

ゼラ・ムーア(Zella Moore)
ニューヨーク、マンハッタン大学の心理学領域の助教。ペンシルバニア州フィラデルフィア、ラサール大学の怒り・暴力治療研究センターにおいて、研究開発部門のアソシエイト・ディレクターとしても働いている。2003年にラサール大学にて臨床心理学の心理学博士号(PsyD)を取得し、NHL、NBA、ワールドインドアサッカーリーグのチームにおいてスポーツ心理コンサルタントを務めてきた。APAとアメリカ行動療法認知療法学会(ABCT)の会員。心理学領域の学部生、臨床心理学領域と臨床スポーツ心理学領域の博士課程大学院生の教育とスーパーヴィジョンに携わっている。

 

【 監訳者 】

佐藤 寛(さとう・ひろし) 関西学院大学 文学部 准教授

金井嘉宏(かない・よしひろ) 東北学院大学 教養学部 准教授

小堀 修(こぼり・おさむ) スウォンジー大学 心理学部 講師

 

 

こちらもチェック!
_________________________________________

『スプリント学ハンドブック』
『スプリント学ハンドブック すべてのスポーツパフォーマンスの基盤』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『スポーツ・コーチング学』

 

 

 

『スポーツ・コーチング学』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『スポーツ心理学大事典』
『スポーツ心理学大事典』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『EBMスポーツ医学  エビデンスに基づく診断・治療・予防』
『EBMスポーツ医学  エビデンスに基づく診断・治療・予防』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『スポーツ大好き!な子どもを育てる「62」の方法』

 

 

 

『スポーツ大好き!な子どもを育てる「62」の方法 体づくりからトップアスリート育成まで』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『運動科学の基礎』
『運動科学の基礎 アスリートのパフォーマンス向上のために』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『スポーツ精神生理学』
『スポーツ精神生理学』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『カラー図解 筋肉メカニクスとトレーニング技術』
『カラー図解 筋肉メカニクスとトレーニング技術』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『スポーツ運動科学 -バイオメカニクスと生理学-』
『スポーツ運動科学 -バイオメカニクスと生理学-』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『カラー運動生理学大事典』
『カラー運動生理学大事典 健康・スポーツ現場で役立つ理論と応用』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『ケンダル』
『ケンダル 筋 :機能とテスト -姿勢と痛み-』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『カラー スポーツ・運動栄養学大事典 ~健康生活・医療に役立つ~』
『カラー スポーツ・運動栄養学大事典 ~健康生活・医療に役立つ~』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『図説 ダンスの解剖・運動学大事典』
『図説 ダンスの解剖・運動学大事典 テクニックの上達と損傷予防のための基礎とエクササイズ』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『ランニング医学大事典』
『ランニング医学大事典  評価・診断・治療・予防・リハビリテーション』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________