スポーツ運動科学 -バイオメカニクスと生理学-

978-4-89013-400-7

ギャレット/カーケンダル 著 宮永 豊 総監訳  阿江通良/河野一郎/高松薫/徳山薫平 監訳

B5・980ページ

発行年:2010年10月01日

ISBN:978-4-89013-400-7

定価:本体18,000円+税

在庫なし

内容

生化学、運動生理学、基礎医学などの基礎科学から、臨床医学、バイオメカニクス、応用生理学などの応用科学までを体系的にカバー。 着地動作やオーバーヘッドスポーツなど各種のスポーツ活動におけるバイオメカニクスについて詳述。 18種類のスポーツを取り上げ、固有な運動生理学的特徴について解説。 心血管系や呼吸などの運動における全身の反応や、小児や高齢者特有の問題、環境、オーバートレーニングなど運動生理学の専門的なトピックスも検討。
他、『スポーツ整形外科学−理論と実践−』、『スポーツ医学プライマリケア−理論と実践−』の全3巻。

●目次
エネルギー代謝
糖質代謝と運動
脂質代謝
運動中のタンパク質代謝
運動の生理学
スポーツにおける仕事とパワーの測定
間欠的運動の生理学
トレ−ニング効果の特質
随意運動における疲労
運動に対する全身の反応
運動やトレーニングに対する心血管系の反応
運動やトレーニングに対する呼吸反応
運動やトレーニングに対する内分泌反応
運動やトレーニングに対する骨格筋の反応
運動,免疫系および感染症
運動と消化管機能
運動やトレーニングに対する腎臓の反応
運動やトレーニングに対する骨の反応
運動やトレーニングに対する皮膚の反応
運動の分子生物学
応用的な課題
血中乳酸測定による有酸素−無酸素の変換期の評価
運動によって幸せな老後を
エクササイズに及ぼす大気汚染の影響
運動とスポーツにおけるフリーラジカルと抗酸化物
スポーツと身体組成:測定方法ならびに減量と増量への応用
運動科学と小児のスポーツ選手
時間生物学と身体パフォーマンス
競技力向上用増強補助製品
高温,低温の気候における身体活動
運動誘発性筋損傷と炎症
運動時の水分と電解質
成長,成熟と運動能力
パフォーマンスに対する低圧と高圧の影響
運動能力に及ぼす微小重力の影響
栄養による運動パフォーマンス向上
オーバートレーニングとオーバーリーチング:病因,病態,予防
トレーニングの期分け
スポーツのバイオメカニクス
自転車運動のバイオメカニクス
着地動作のバイオメカニクス
キック動作のバイオメカニクス
オーバーヘッドスポーツのバイオメカニクス
パワーリフティング,ウェイトリフティングのバイオメカニクス
アルペンスキーとノルディックスキーのバイオメカニクス
水泳のバイオメカニクス
歩行とランニングのバイオメカニクス
アイスホッケーのバイオメカニクス
スポーツの応用生理学
アルペンスキーの生理学
野球の生理学
バスケットボールの生理学
カヌースポーツの生理学
自転車競技の生理学
ダンスの生理学
フィギュアスケートの生理学
アメリカンフットボールの生理学
アイスホッケーの生理学
クロスカントリースキーの生理学
ボート競技の生理学
サッカーの生理学
スピードスケートの生理学
水泳の生理学
ラケットスポーツの生理学
トライアスロンの生理学
ウェイトリフティングの生理学
レスリングの生理学