EBMスポーツ医学  エビデンスに基づく診断・治療・予防

978-4-89013-417-5

宮永 豊 総監訳 宮川俊平/石田浩之 監訳

B5判・並製・416ページ

発行年:2011年11月25日

ISBN:978-4-89013-417-5

定価:本体5,400円+税

在庫あり

数量:

内容

・スポーツ外傷・障害における診断法・治療法・検査法・リハビリテーションに対する最新の科学的エビデンスを明示し、エビデンスに基づく合理的な対処法を解説。
・各課題について、「包括的解説」、「EBMの手順に沿った手法・解析・結果・考察」、「勧告」、「エビデンスの要約」、「キー・メッセージ」を簡潔に整理。
・研究的視点に立った厳格な分析・解釈や論理的な解説、研究の方向性、臨床的なアドバイス、近年の学会の動向などをも網羅。

主な対象
スポーツドクターや整形外科医,理学療法士などの医学・医療関係者
運動生理学者・バイオメカニクス専門家などのスポーツ科学研究者
トレーナー、コーチなどのスポーツ団体関係者

目 次
第1部 外傷・障害の予防
第1章 スポーツやレクリエーション中の外傷の予防―RCTのシステマティックレビュー―
第2章 競技参加前身体検査(メディカルチェック)
第3章 ストレッチングと外傷・障害の予防
第4章 コアの強さと安定性
第5章 足装具と外傷・障害
第6章 度重なる脳震盪を起こす選手への対応
第7章 発熱や急性炎症性疾患への対応
第8章 スポーツと腹部実質臓器の異常
第9章 高齢者の転倒を改善する運動
第10章 骨粗鬆症による骨折を予防する運動

第2部 外傷の管理
第11章 軟部組織損傷に対する寒冷療法
第12章 圧 迫
第13章 NSAIDsによるスポーツ外傷・障害のコントロール

第3部 慢性疾患
第14章 運動と気管支喘息
第15章 運動と腰痛予防
第16章 スポーツ選手における脊椎分離症

第4部 上肢の外傷・障害
第17章 肩関節の診断テスト
第18章 肩腱板疾患の診断テスト
第19章 アスリートの初回肩関節脱臼
第20章 肩関節痛に対する副腎皮質ステロイドと理学療法
第21章 テニス肘の治療

第5部 膝および鼡径部の外傷・障害
第22章 膝損傷の診察法
第23章 急性前十字靭帯損傷の治療
第24章 膝蓋腱疾患の治療
第25章 慢性の鼡径部痛の治療

第6部 下肢の外傷・障害
第26章 足関節の臨床検査
第27章 足関節捻挫の予防
第28章 疲労骨折の治療
第29章 アキレス腱皮下断裂の治療
第30章 足底筋膜炎

・総監訳 宮永 豊(筑波大学 名誉教授)
・監 訳 宮川俊平(筑波大学人間総合科学研究科スポーツ医学専攻 教授)
石田浩之(慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 准教授)

 

こちらもチェック!

_________________________________________

『カラー運動生理学大事典』
『カラー運動生理学大事典 健康・スポーツ現場で役立つ理論と応用』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________