すごいね!みんなの通学路《世界に生きる子どもたち》

978-4-89013-982-8

ローズマリー・マカーニー 文 西田佳子 訳

B4変型判・上製・34ページ

発行年:2017年07月07日

ISBN:978-4-89013-982-8

定価:本体1,500円+税

在庫あり

数量:

内容

朝、「行ってきます」と元気よく出かける子どもたち。
その風景は実にさまざま!
世界各国の通学風景を収めた、勇気をもらえる写真絵本です。

世界のさまざまな地域に住む子どもたちは、どうやって学校に通っているのでしょう。
てくてく歩いて?
バスや車に乗って?
学校まで、とても遠い道のりを歩かなくてはならなかったり、
自分の机や、飲み水の入った重いたらいを、運んでいかなければならないこともあります。

本書には、自然災害や、川の急流、けわしい山道、高いがけにも負けず、
毎日懸命に学校へとむかう世界中の子どもたちの写真を収めました。
「学ぶのは楽しい」「友達にも会える」「だから学校へ通うんだ」……
そんな彼らの気持ちが伝わってきます。
そのひたむきな姿は、私たちに勇気と元気を与えてくれます。
●巻頭にはノーベル平和賞受賞、マララさんの写真を収録。

 

<世界に生きる子どもたち>シリーズ、第一弾!

 

文●ローズマリー・マカーニー(Rosemary McCarney)
カナダの国連大使および軍備縮小会議の常任代表者。国際NGOプランの一員であるプラン・カナダの前代表。プランのグローバルキャンペーン「Because I am a girl(私は女の子だから)」を立ち上げたメンバーのひとりでもある。同キャンペーンは、性別による不平等をなくし、女の子の権利を守り、貧困から救うため、2007年から実施されている。国連の「国際ガールズ・デー(10月11日)」制定にも尽力した。主著に、世界的ベストセラー『マララさんこんにちは』(西村書店)、『私は女の子だから(仮)』『どこに住んだらいいの?(仮)』(西村書店より刊行予定)がある。

 

訳●西田佳子(にしだ・よしこ)
翻訳家。東京外国語大学英米語学科卒業。東京都立川市在住。おもな訳書に、クロンビー「警視シリーズ」(講談社)、モンゴメリ『赤毛のアン』(西村書店)、プリーストリー『ホートン・ミア館の怖い話』(理論社)、『わたしはマララ』(共訳・学研マーケティング)、『マララさんこんにちは』(西村書店)などがある。

 

★こちらもチェック!
________________________________________

『マララさん こんにちは』

 

 

『マララさん こんにちは 世界でいちばん勇敢な少女へ』

 

 

 

_________________________________________________

『マララの物語』

 

 

 

『マララの物語 わたしは学校で学びたい』

 

 

 

 

_________________________________________________

『世界の学び舎』

 

 

 

『世界の学び舎 こんにちは! 12歳のネットワーク』

 

 

 

 

_________________________________________________

『イクバル 命をかけて闘った少年の夢』

 

 

 

『イクバル 命をかけて闘った少年の夢』

 

 

 

 

_________________________________________________

『赤毛のアン』

 

 

 

『赤毛のアン(完訳愛蔵版)』

 

 

 

 

_________________________________________________

『セドリック』

 

 

 

『小公子セドリック(完訳愛蔵版)』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ごちそうの木』

 

 

 

『ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし』

 

 

 

 

_________________________________________________

『すごいね! みんなの通学路』

 

 

 

『すごいね! みんなの通学路《世界に生きる子どもたち》』

 

 

 

 

_________________________________________________