ルイーザ・メイ・オールコットの日記 もうひとつの若草物語

978-4-89013-618-6

ジョーエル・マイヤースン/ダニエル・シーリー 編 マデレイン・B・スターン 編集協力 宮木陽子 訳

A5判・上製・560ページ

発行年:2008年07月15日

ISBN:978-4-89013-618-6

定価:本体2,800円+税

在庫あり

数量:

内容

『若草物語』『昔気質の一少女』『八人のいとこ』『花ざかりのローズ』など、数多くの名作を生み出した小説家オールコット。10歳の時から亡くなる4日前までの45年間(1843年~1888年)綴り続けた日記のうち、現存するものすべてを収録する。ほか、図版や付録(付録Ⅰ『ジャーリー夫人の蝋人形』、付録Ⅱ「オールコット姉妹が描く初期の家族像」)、年譜などの資料を収める。

—わたしがいなくなったとき、他の人が読んで助けになるのなら、生涯の記録を残しておくのはいいかもしれないと思うようになった。—(日記より)

こちらもチェック!
_________________________________________

『ファージョン自伝』
『ファージョン自伝 わたしの子供時代』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『ポターが愛した庭』
『ビアトリクス・ポターが愛した庭とその人生 ピーターラビットの絵本の風景』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『赤毛のアン』

 

 

 

 

カナダ出身のイラストレーターによる美しい挿絵のついたカラー愛蔵版。

『赤毛のアン』

 

 

_________________________________________________

『秘密の花園』
 

 

 

 

孤独な少女メアリが庭づくりを通して生きる力をはぐくんでいく。

『秘密の花園』

 

_________________________________________________

『小公子セドリック』
 

 

 

 

人を愛することを母から教わったセドリックは、頑固な祖父の心をもときほぐしていく。

『小公子セドリック』

 

_________________________________________________

『本と図書館の歴史』

 

 

 

『本と図書館の歴史 ラクダの移動図書館から電子書籍まで』

 

 

 

 

_________________________________________________