ルイーザ・メイ・オールコットの日記 もうひとつの若草物語

978-4-89013-618-6

ジョーエル・マイヤースン/ダニエル・シーリー 編 マデレイン・B・スターン 編集協力 宮木陽子 訳

A5判・上製・560ページ

発行年:2008年07月15日

ISBN:978-4-89013-618-6

定価:本体2,800円+税

在庫あり

数量:

内容

『若草物語』で名高いオールコットが残した45年間の記録。

『若草物語』『昔気質の一少女』『八人のいとこ』『花ざかりのローズ』など、
数多くの名作を生み出した小説家オールコット。
奴隷制廃止論者、フェミニストとしても知られ、
個人の自立、自由、個性を何より尊重したその人物像にも近年、一層の注目が集まっている。

本書は、11歳になる少し前(10歳の時)から亡くなる4日前までの45年間(1843~1888年)
綴り続けた日記のうち、現存するものすべてを収録するほか、
図版や付録(付録Ⅰ『ジャーリー夫人の蝋人形』、付録Ⅱ「オールコット姉妹が描く初期の家族像」)、
年譜などの資料を収める。

生涯で300篇以上の作品を残したオールコット。
女性は結婚し、従順で敬虔な妻に、やさしくて慈悲深い母になることが理想と考えられていた時代に、
執筆活動によって家族を支え、精神的にも社会的にも常に自立していこうとした。
だれにも語りえない悲痛な心のうちをも、日記のそこここには吐露されている。
また、垣間見える当時の文学的風潮や出版事情といった社会背景や、
19世紀の生活の様子なども興味深く、さまざまな視点から読むことができる一冊である。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さまざまな体験を経て、いまのわたしがあるのだけれど、
わたしがいなくなったとき、他の人が読んで助けになるのなら、
生涯の記録を残しておくのはいいかもしれないと思うようになった。—(日記より)

 

 

こちらもチェック!
_________________________________________

『ファージョン自伝』
『ファージョン自伝 わたしの子供時代』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『ビアトリクス・ポターの物語 キノコの研究からピーターラビットの世界へ』

 

 

 

『ビアトリクス・ポターの物語 キノコの研究からピーターラビットの世界へ』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『ポターが愛した庭』
『ビアトリクス・ポターが愛した庭とその人生 ピーターラビットの絵本の風景』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『赤毛のアン』

 

 

 

 

カナダ出身のイラストレーターによる美しい挿絵のついたカラー愛蔵版。

『赤毛のアン』

 

 

_________________________________________________

『秘密の花園』
孤独な少女メアリが庭づくりを通して生きる力をはぐくんでいく。

『秘密の花園』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『小公子セドリック』
人を愛することを母から教わったセドリックは、頑固な祖父の心をもときほぐしていく。

『小公子セドリック』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『ルイーズ・ブルジョワ 糸とクモの彫刻家』

 

 

 

『ルイーズ・ブルジョワ 糸とクモの彫刻家』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『子どもの本の世界を変えた ニューベリーの物語』

 

 

 

『子どもの本の世界を変えた ニューベリーの物語』

 

 

 

 

_________________________________________________

『本と図書館の歴史』

 

 

 

『本と図書館の歴史 ラクダの移動図書館から電子書籍まで』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ルイーザ・メイ・オールコットの日記』

 

 

 

『ルイーザ・メイ・オールコットの日記 もうひとつの若草物語』

 

 

 

 

 

_________________________________________________