空飛ぶ木 世にも美しいメルヘンと寓話、そして幻想的な物語

978-4-89013-566-0

ラフィク・シャミ 著 池上弘子 訳

B6変型判・上製・304ページ

発行年:1997年08月27日

ISBN:978-4-89013-566-0

定価:本体1,600円+税

在庫あり

数量:

内容

おやっと思うほど身近に感じられ、人々の心を捉える、
世にも美しいメルヘンと寓話、そして幻想的な物語。

 

ニンニク好きなドラキュラの話、
欲に目がくらみ、いかさま師にいっぱいくわされたパン屋の話など、
ヘッセ賞、シャミッソー賞ほか数々の文学賞を受賞したドイツの人気作家が紡ぎだす14話を収めた作品集。
世界18ケ国で翻訳出版。

 

 

著◆ラフィク・シャミ(Rafik Schami)
1946年シリアのダマスカス生まれ。1971年よりドイツ在住。大学で化学を学び、1979年に博士号を取得した。1982年以降、作家として活動し、世界150万部のベストセラー『夜の語り部』や『空飛ぶ木』『蠅の乳しぼり』『モモはなぜJ・Rにほれたのか』『夜と朝のあいだの旅』『ミラード』(以上、西村書店)などを発表。ドイツ語圏におけるもっとも成功した作家の一人である。作品は27の言語に翻訳されており、多数の賞を受賞。『片手いっぱいの星』(岩波書店)でチューリヒの児童文学賞を、2010年に『愛の裏側は闇』(東京創元社)に対してIPPY(独立出版社書籍賞)ゴールドメダル賞を、2011年には忘却に抗し民主主義を支援する文学に対して贈られるゲオルク・グラーザー賞を受賞している。

 

 

こちらもチェック!
_________________________________________

『言葉の色彩と魔法』

 

 

 

『言葉の色彩と魔法』

 

 

 

 

_________________________________________________

『こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし』

 

 

 

『こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし』

 

 

 

 

_________________________________________________

『夜の語り部』

 

 

 

『夜の語り部』

 

 

 

 

_________________________________________________

『マルーラ』

 

 

 

『マルーラの村の物語』

 

 

 

 

_________________________________________________

『モモはなぜJ・Rにほれたのか』

 

 

 

『モモはなぜJ・Rにほれたのか』

 

 

 

 

_________________________________________________

『夜と朝のあいだの旅』

 

 

 

『夜と朝のあいだの旅』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ミラード』

 

 

 

『ミラード』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ヒーロー 家族の肖像』

 

 

 

『ヒーロー 家族の肖像』

 

 

 

 

_________________________________________________

『囀る魚』

 

 

 

『囀(さえず)る魚』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ヨハンナの電車のたび』

 

 

 

 

 

『ヨハンナの電車のたび』

 

_________________________________________________

『空飛ぶ木』

 

 

 

『空飛ぶ木』

 

 

 

 

_________________________________________________