マルーラの村の物語

978-4-89013-551-6

ラフィク・シャミ著  泉千穂子訳

B6変・288ページ

発行年:1996年12月

ISBN:978-4-89013-551-6

定価:本体1,553円+税

在庫あり

数量:

内容

シリアの谷間にあるキリスト教徒の村マルーラ。
荒涼とした村に代々語りつがれてきた不思議な話、意味深い寓話、爆笑のむかし話、
どこかで聞いたことのあるような話など全14編を、シリア生まれの作家が書き下ろす。

 

 

こちらもチェック!
_________________________________________

『こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし』

 

 

 

『こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし』

 

 

 

 

_________________________________________________

『夜の語り部』

 

 

 

『夜の語り部』

 

 

 

 

_________________________________________________

『空飛ぶ木』

 

 

 

『空飛ぶ木』

 

 

 

 

_________________________________________________

『モモはなぜJ・Rにほれたのか』

 

 

 

『モモはなぜJ・Rにほれたのか』

 

 

 

 

_________________________________________________

『夜と朝のあいだの旅』

 

 

 

『夜と朝のあいだの旅』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ミラード』

 

 

 

『ミラード』

 

 

 

 

_________________________________________________

『囀る魚』

 

 

 

『囀(さえず)る魚』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ヨハンナの電車のたび』

 

 

 

 

 

『ヨハンナの電車のたび』

 

_________________________________________________