理学療法エビデンス大事典 現場で使える実践ガイド ★最新刊

978-4-89013-496-0

ダイアン・V・ジュエル 著 森山英樹 総監訳 山田英司/田中 亮/一色史章/松葉潤治/鈴木修平/長谷川真人 監訳

A5判・上製・488ページ

発行年:2019年07月26日

ISBN:978-4-89013-496-0

定価:本体6,500円+税

在庫あり

数量:

内容

根拠に基づく理学療法(EBPT)実践のための決定版!

米国の理学療法教育課程で広く使われているスタンダードテキスト。
最新のエビデンスを評価し、現場で使いこなすためのスキルが満載!

エビデンスとは何かを理解し、
エビデンスの要素の解説から評価、現場での実践まで網羅する。

各章に示された「目標」「本章の用語」「演習」により、
読みやすく、理解しやすい構成。

章冒頭の「本章の用語」では、
各章に関連のある用語が解説され、
EBPTに不可欠な統計学の用語を確認しながら読むことができる。
各章末の「演習」を指針に実践を繰り返すことにより、
エビデンスの使い方を体得することが可能。
ステップアップを目指す理学療法士、必携!

 

【 対 象 】

理学療法を学ぶ学生・大学院生、理学療法士、図書館 など

 

 

【 目 次 】

1部 根拠に基づく理学療法の実践の原則
1章 根拠に基づく理学療法の実践
2章 エビデンスとは?
3章 エビデンスの探求:入門

2部 エビデンスの要素
4章 疑問,理論,仮説
5章 研究デザイン
6章 研究対象
7章 変数とその測定法
8章 研究デザインにおける妥当性
9章 統計学的な謎の解明:記述統計学
10章 統計学的な謎の解明:推測統計学

3部 エビデンスの評価
11章 診断検査と臨床測定のエビデンスの評価
12章 予後(リスク)因子のエビデンスの評価
13章 介入におけるエビデンスの評価
14章 臨床予測ルールに関するエビデンスの評価
15章 アウトカム研究の評価
16章 自己申告型アウトカム測定のエビデンスの評価
17章 システマティックレビューと診療ガイドラインの評価

4部 エビデンスの実践
18章 患者/利用者/被検者の希望と価値観
19章 すべてを統合する

付録A 信頼区間の計算
付録B インターネットを使って利用できるエビデンス評価のための付加的なツール
付録C 根拠に基づく理学療法に役立つ付加的な計算

 

 

【 著者・総監訳者・監訳者 】

 

著      者   ダイアン・V・ジュエル               Rehab Intel Network

総監訳者   森山 英樹(もりやま・ひでき)  神戸大学生命・医学系保健学域 教授

監 訳  者   山田 英司(やまだ・えいじ)     本山学園 岡山専門職大学設置準備室
       田中  亮(たなか・りょう)     広島大学大学院総合科学研究科身体運動科学研究領域 准教授
       一色 史章(いっしき・ふみあき) Seal Beach Physical Therapy
       松葉 潤治(まつば・じゅんじ)  帝京科学大学医療科学部東京理学療法学科 准教授
       鈴木 修平(すずき・しゅうへい) ATP Tour/TRIA Orthopaedic Center
       長谷川真人(はせがわ・まさと)  東京大学医学部附属病院リハビリテーション部

 

 

 

こちらもチェック!
_________________________________________

『リハビリテーションと理学療法エッセンシャル』
『リハビリテーションと理学療法エッセンシャル -臨床で役立つ診断と治療-』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『クラークソン 筋・骨格系評価法』
『クラークソン 筋・骨格系評価法ハンドブック 関節運動と筋機能テスト』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『オサリバン シュミッツ リハビリテーション -評価と治療計画-』
『オサリバン シュミッツ リハビリテーション -評価と治療計画-』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『カラー運動生理学大事典』
『カラー運動生理学大事典 健康・スポーツ現場で役立つ理論と応用』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『アンフレッド 脳・神経リハビリテーション大事典』
『アンフレッド 脳・神経リハビリテーション大事典』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『軽度外傷性脳損傷のためのリハビリテーション・ワークブック』
『軽度外傷性脳損傷のためのリハビリテーション・ワークブック -高次脳機能障害の回復にむけて-』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『高齢者リハビリテーション学大事典』
『高齢者リハビリテーション学大事典』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『健康長寿学大事典』
『健康長寿学大事典 -QOLからEBMまで-』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『非悪性腫瘍の緩和ケアハンドブック』
『非悪性腫瘍の緩和ケアハンドブック -ALS(筋萎縮性側索硬化症)を中心に-』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『ケンダル』
『ケンダル 筋 :機能とテスト -姿勢と痛み-』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『言語障害と画像診断』
『言語障害と画像診断』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『理学療法エビデンス大事典 現場で使える実践ガイド』
『理学療法エビデンス大事典 現場で使える実践ガイド』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________