ふしぎの花園 シスターランド

978-4-89013-989-7

サラ・シムッカ 文 サク・ヘイナネン 絵 古市真由美 訳

四六判・並製・256ページ

発行年:2018年03月中旬

ISBN:978-4-89013-989-7

定価:本体1,300円+税

近日刊行予定

内容

50カ国で刊行された「ルミッキ」シリーズの著者がおくる,メルヘン友情ファンタジー!

世界を守り、ふたりは “心の友(ソウルシスター)”になれるのか?

ふいに足元の雪がくずれ、落下していった11歳のアリーサは、常夏のシスターランドで目覚めた。
風の子や夢織りたちが暮らす花園で、少女メリに出会い、
親友がほしくてたまらなかったアリーサはすぐに仲良しになる。
だが、楽しい日々もつかのま、ふたりは長老クフ・ローの予言を聞く。
雪に埋もれかけている人間界を救えるのはおまえたちだけだというのだ。
海をこえ、さびれた遊園地を解放し、ドラゴンの手をもつ少女となったアリーサたちは、
シスターランドの女王リリのいる粉雪城に向かうが……。
ゲームのような小気味よい展開とユーモアでぐいぐい読める、
ドキドキとやさしさにあふれた友情ファンタジー。

 

『不思議の国のアリス』『秘密の花園』『雪の女王』にインスパイアされて誕生した作品。

 

◆ぬりえもできる魅力的なイラストを多数収録

※小学校5年生以上の漢字にルビ

 

 

文●サラ・シムッカ(Salla Simukka)
フィンランド人作家。2013年に“Jäljellä”と続編“Toisaalla”でトペリウス賞を受賞し、注目を集める。ヤングアダルト向けの「ルミッキ(フィンランド語で白雪姫の意)」3部作(西村書店)は50カ国以上で翻訳出版された。初の児童向けとなる本書で「子どもたちが選ぶルク・ヴァルカウス賞」を受賞した。

 

絵●サク・ヘイナネン(Saku Heinänen)
イラストレーター、グラフィック・デザイナー、書体デザイナー。アールト大学でグラフィック・デザインを教える。少女ザイダを主人公とする児童読み物三部作(未邦訳)で文と絵を手がけ、フィンランディア・ジュニア賞やアーヴィド・リーデッケン賞の候補になるなど好評を博した。

 

訳●古市真由美(ふるいち・まゆみ)
フィンランド文学翻訳者。訳書にシムッカ「ルミッキ」三部作(西村書店)、キンヌネン『四人の交差点』(新潮社)、サンドベリ『処刑の丘』(東京創元社)、ディークマン『暗やみの中のきらめき 点字をつくったルイ・ブライユ』(汐文社)など。共著に『多文化に出会うブックガイド』(読書工房)。

 

 

★こちらもチェック!

________________________________________

『ルミッキ 1 血のように赤く』
『ルミッキ 1 血のように赤く』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『ルミッキ 2 雪のように白く』
『ルミッキ 2 雪のように白く』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『ルミッキ 3 黒檀のように黒く』
『ルミッキ 3 黒檀のように黒く』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『不思議の国のアリス』

 

 

 

『不思議の国のアリス』

 

 

 

 

_________________________________________________

『秘密の花園』

 

 

 

『完訳豪華愛蔵版 秘密の花園(新装版)』

 

 

 

 

_________________________________________________
『雪の女王』

 

 

 

『雪の女王』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『クリスマスとよばれた男の子』

 

 

 

『クリスマスとよばれた男の子』

 

 

 

 

_________________________________________________
『クリスマスを救った女の子』

 

 

 

『クリスマスを救った女の子』

 

 

 

 

_________________________________________________