ルミッキ 1 血のように赤く

978-4-89013-961-3

サラ・シムッカ 著 古市真由美 訳

四六判・並製・304ページ

発行年:2015年7月15日

ISBN:978-4-89013-961-3

定価:本体1,200円+税

在庫あり

数量:

内容

北欧発、メルヘン&サスペンス&ミステリー。トペリウス賞受賞作家 初邦訳!

孤高の少女、ルミッキ。フィンランド語で“白雪姫”という意味をもつ名だ。
だが、そのイメージにはそぐわない風貌で、謎めいた過去をもつ。
親元をはなれ、一人暮らしをしている彼女はフィンランドのタンペレ市の芸術高校に通っている。
誰とも交わらず、いつも一人で行動するルミッキは高校の中でも異色の存在だった。
しかし、校舎内の暗室で、血を洗い流して干してある札束を目撃したせいで、犯罪事件に巻き込まれる。
事件の謎とともに、どんな状況にもひるまず立ち向かっていくルミッキの過去が徐々に明かされていく。
一気読み確実のスリラー。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
★ルミッキシリーズ<全3巻>完結記念 北欧人気作家サラ・シムッカ、2015年12月来日イベント★→終了しました

◇来日イベントの概要◇(弊社Facebookをご参照ください)
https://www.facebook.com/lumikki.Japan/

 

サラ・シムッカ Salla Simukka
1981年生まれ。作家、翻訳家。”Jaljella”と続編”Toisaalla”(未邦訳)で2013年トペリウス賞を受賞。おもにヤングアダルト向けの作品を執筆し、スウェーデン語で書かれた文学を精力的にフィンランド語に翻訳している。また、書評の執筆や文芸誌の編集にも携わるなど、多彩な経歴を持つ。本書の主な舞台であるフィンランドのタンペレ市に在住。
古市真由美 ふるいち・まゆみ
フィンランド語翻訳者。茨城大学人文学部卒業。主な訳書に、レヘトライネン『雪の女』(東京創元社)、ロンカ『殺人者の顔をした男』(集英社)、ディークマン『暗やみの中のきらめき 点字をつくったルイ・ブライユ』(汐文社)など。

 

 

★こちらもチェック!

________________________________________

『ルミッキ 2 雪のように白く』
『ルミッキ 2 雪のように白く』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『ルミッキ 3 黒檀のように黒く』
『ルミッキ 3 黒檀のように黒く』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『シタとロット ふたりの秘密』
『シタとロット ふたりの秘密』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『水の継承者ノリア』

 

 

 

『水の継承者 ノリア』

 

 

 

 

_________________________________________________

『囀る魚』

 

 

 

『囀(さえず)る魚』

 

 

 

 

_________________________________________________

2015年本屋大賞 第3位(海外小説部門)
◆映画「100歳の華麗なる冒険(邦題)」原作

『窓から逃げた100歳老人』

 

 

 

 

 

『窓から逃げた100歳老人』

 

 

_________________________________________________

2016年本屋大賞 第2位(海外小説部門)
『数学少女』

 

 

 

 

 

『国を救った数学少女』

 

 

________________________________________

『カシュガル』

 

 

 

『カシュガルの道』

 

 

 

 

 

_________________________________________________