臨床応用のための画像解剖学 ★新刊!

978-4-89013-499-1

ポール・バトラー他 編/島本佳寿広 訳

B5判・上製・372ページ オールカラー

発行年:2019年10月07日

ISBN:978-4-89013-499-1

定価:本体15,000円+税

在庫あり

数量:

内容

各臓器の診断において最適となるモダリティの画像解剖を解説!

疾患の診断の鍵となる人体構造を示し、さまざまな臨床的要求に応える。

▶疾患の診断の鍵となる人体構造(特に疾患を理解するうえで重要となる構造)を網羅的に解説。
▶病勢の評価、最適な治療法の選択、治療効果の判定など、さまざまな臨床的要求に応える。
▶重要臓器の発生学に言及し、正常変異や先天異常の原因を解説。
▶産科領域の画像解剖を含め、多様な専門分野に対応。
▶1000点超の最新画像。画像を解釈するうえで役立つ多数のカラーイラスト。
簡潔かつ明解な箇条書きの解説。
▶最良の解剖学的症例。類書がない充実した内容。

 

【 対 象 】
医学・医療に関わるすべての人。放射線科医・放射線診断専門医ほか、画像診断を専門とする医師、研修医。臨床医。

 

 

【 構 成 】
■第1部 中枢神経系, 頭頸部
1章 頭蓋骨と脳/2章 眼窩と視覚経路/3章 側頭骨錐体部/4章 頭蓋外頭頸部/5章 脊柱と脊髄

■第2部 胸部, 腹部, 骨盤
6章 胸部/7章 心臓と大血管/8章 乳腺/9章 前腹壁と腹壁/10章 腹部と後腹膜腔/
11章 消化管/12章 腎臓と副腎/13章 男性骨盤/14章 女性骨盤

■第3部 上肢, 下肢
15章 上肢/16章 下肢

■第4部 産科, 新生児
17章 産科領域と新生児

 

【 編者・訳者プロフィール 】

●編
ポール・バトラー(Paul Butler)
Consultant Neuroradiologist, The Royal London Hospital, London, UK
アダム・W・M・ミッチェル(Adam W.M. Mitchell)
Consultant Radiologist, Chelsea and Westminster Hospital, London;
Honorary Senior Lecturer at Imperial College London, UK
ジェレミー・C・ヒアリー(Jeremiah C. Healy)
Consultant Radiologist, Chelsea and Westminster Hospital, London;
Honorary Senior Lecturer at Imperial College London, UK

 

●訳
島本佳寿広(しまもと かずひろ)
1983年名古屋大学医学部医学科卒業、博士(医学)。名古屋大学医学部助手、同附属病院放射線科講師、同医学部保健学科助教授を経て,現在、名古屋大学大学院医学系研究科医療技術学専攻医用量子科学講座教授。

 

こちらもチェック
_________________________________________

『コリンズ スターン 胸部画像診断エッセンシャル』
『コリンズ スターン 胸部画像診断エッセンシャル』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『クラーク X線撮影技術学』
『クラーク X線撮影技術学』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『判読 ER心電図 Ⅰ基本編』
『判読 ER心電図 Ⅰ基本編 -実際の症例で鍛える-』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『判読 ER心電図 Ⅱ応用編』
『判読 ER心電図 Ⅱ応用編 -実際の症例で鍛える-』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『カラー ER心電図の超速診断』
『カラー ER心電図の超速診断 救急現場で初心者から役立つ』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『オピーの 心臓生理学』
『オピーの 心臓生理学 -細胞から循環まで-』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『不整脈テキスト』
『不整脈テキスト  -発生機序からみた治療のすべて-』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『カーン すぐ読める心電図』
『カーン すぐ読める心電図』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『臨床応用のための画像解剖学図』
『臨床応用のための画像解剖学』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________