蟬の交響詩

978-4-89013-784-8

アンドレアス・セシェ著 酒寄進一 訳

四六判・上製・224ページ

発行年:2018年01月22日

ISBN:978-4-89013-784-8

定価:本体1,500円+税

在庫あり

数量:

内容

名曲がちりばめられた、56の楽章からなる音楽小説。 【試し読みあり】

語り部ラフィク・シャミも愛する作家セシェ、『囀(さえず)る魚』に続く第3弾は音楽小説。

砂漠をさまよい、瀕死の状態でマスクラン村にたどりついた男、セリム。
イブラヒム翁の介抱で目を覚ました彼は少しずつ身の上を語り始める。
森で聴いたヴァイオリンの音色に心魅かれ、アリフ老人に夢中で手ほどきを受けた少年時代、
美しい娘ミリアムとの初恋。
そんな日々をよそに、楽園のようだった島国シラケシュはいつしか全体主義の国へと変貌し、
独裁政権によって人々は抑圧されていく。

 

恋人は反政府活動をしていた祖父と亡命を余儀なくされ、恩師は自身の演奏によって命を奪われる。
放浪しながら己の道を模索するセリムの演奏には、少しずつ変化があらわれていた。
十七年のときをへて、ついに自分の魂をぶつけるにふさわしいサン=サーンスの名曲を見出したセリムに、
命を賭した演奏の晩が訪れる。
サラサーテの『ツィゴイネルワイゼン』や、パガニーニのソナタ、
サン=サーンスの『死の舞踏』などの名曲がちりばめられた、56の楽章からなる音楽小説。

 

試し読み”はこちらから!】

●こちらから本書の一部を「試し読み」いただけます(♪第3楽章~♪第4楽章・冒頭)。
名曲が響いてくるような文章の一部をどうぞお楽しみください。

『蟬の交響詩/第3楽章~第4楽章・冒頭(試し読み)PDF』

 

 

************************************************************************

著●アンドレアス・セシェ Andreas Séché
1968年、ドイツのラーティンゲン生まれ。大学で政治学、法学、メディア学を学ぶ。ジャーナリストであり、新聞社で働いた経験がある。ミュンヘンの科学雑誌の編集者を数年間つとめた後、デュッセルドルフ近郊にある故郷へ戻り、パートナーと田舎に暮らしながら小説を書いている。日本を頻繁に旅行し、東京、京都、日本文化に魅了される。作品は本書のほかに、『囀(さえず)る魚』『ナミコとささやき声』(小社刊行)がある。
❖アンドレアス・セシェさんHPサイトもぜひご覧ください(ご自身で日本語版を作成されています)

http://www.andreas-seche.de/8.html

 

訳●酒寄進一(さかより しんいち)
1958年茨城県生まれ。和光大学教授・ドイツ文学翻訳家。
主な訳書にシーラッハ『犯罪』『罪悪』『コリーニ事件』『禁忌』『カールの降誕祭』、ノイハウス『白雪姫には死んでもらう』、グルーバー『月の夜は暗く』、ギルバース『ゲルマニア』、マイヤー『魔人の地』、イーザウ『盗まれた記憶の博物館』、ヘッセ『デーミアン』、セシェ『囀る魚』など。

 

こちらもチェック!
________________________________________

『囀る魚』

 

 

 

『囀(さえず)る魚』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ナミコとささやき声』

 

 

 

『ナミコとささやき声』

 

 

 

 

_________________________________________________

『あやつり人形ピッパ』

 

 

 

『あやつり人形ピッパ』

 

 

 

 

_________________________________________________

『砂糖菓子の男』

 

 

 

『砂糖菓子の男 ギリシアのむかしばなし』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『ラプンツェル』

 

 

 

『ラプンツェル(ワンス・アポンナ・タイム・シリーズ)』

 

 

 

 

 

_________________________________________________
『不思議の国のアリス』

 

 

 

『不思議の国のアリス』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『夜の語り部』

 

 

 

『夜の語り部』

 

 

 

 

_________________________________________________

『夜と朝のあいだの旅』

 

 

 

『夜と朝のあいだの旅』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ヨハンナの電車のたび』

 

 

 

 

 

『ヨハンナの電車のたび』

 

_________________________________________________

『キツネとねがいごと』

 

 

 

『キツネとねがいごと』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ヒーロー 家族の肖像』

 

 

 

『ヒーロー 家族の肖像』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ファウスト』

 

 

 

『ゲーテ原作 ファウスト』

 

 

 

 

_________________________________________________

『音楽家の恋文』

 

 

 

『音楽家の恋文』

 

 

 

 

 

________________________________________________

『蝉の交響詩』

 

 

 

『蟬の交響詩』

 

 

 

 

_________________________________________________