芸術の都 ロンドン大図鑑 英国文化遺産と建築・インテリア・デザイン

978-4-89013-769-5

フィリップ・デイヴィース著/デレク・ケンダル写真/加藤耕一 監訳

B4変型判・上製・456ページ

発行年:2017年06月19日

ISBN:978-4-89013-769-5

定価:本体6,500円+税

近日刊行予定

内容

ロンドンの謎めいたファサードの背後に隠された、
知られざる豊かな芸術を堪能する。

邸宅や商業施設から教会堂や謎めいた地下空間まで、
なかなか見ることのできない貴重な文化財の数々を一挙公開!

数多くの歴史的建造物が残るロンドンには、
一般公開されていないがためにほとんど人に知られていないものがたくさんあります。
本書は、そのような「秘められた」建築遺産を、
店舗、教会、図書館、公共施設、劇場など幅広い分野から181選び出して紹介するものです。
各ページに配されたインテリアの写真は、全部でおよそ1700点という贅沢ぶり。
ロンドンの秘められた建築をめぐる旅へ、あなたも出かけてみませんか?

 

【紹介されている建築の例】
■セント・スティーヴンスの時計塔
■リンカーンズ・イン
■ランカスター・ハウス
■シャーロック・ホームズ・パブ
■スペンサー・ハウス
■フリーメイソンズ・ホール
■パーク・レーン・ホテル
■ジェームズ・スミス商会
■イングランド銀行
■セント・ポール大聖堂(幾何学式階段と図書室)

 

[著] フィリップ・デイヴィース(Philip Davies)
イギリスのタウンプランナー、歴史家、文化遺産保護の国際的な専門家。ロンドンの最も重要な歴史的な建物と場所について、40年以上にわたりその変革管理の第一線で活躍してきた。近年は、イングリッシュ・ヘリテージのロンドンおよびイングランド南東部の計画・開発責任者として活躍している。

 

[写真] デレク・ケンダル(Derek Kendal)
40年以上のキャリアを持ち、同世代のなかで最も才能があり尊敬を受ける、建築と美術品を専門とする写真家のひとり。ロンドンの建築遺産に精通すると共に、類いまれな観察眼を持つ彼の写真は、60冊以上の権威ある書籍の紙面を彩ってきた。

 

[監訳] 加藤耕一(かとう・こういち)
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻准教授。同大学院博士課程修了。博士(工学)。専門は西洋建築史。主著に『時がつくる建築』(東京大学出版会)、『ゴシック様式成立史論』(中央公論美術出版)、『「幽霊屋敷」の文化史』(講談社現代新書)、訳書にJ.-M.ペルーズ・ド・モンクロ『芸術の都 パリ大図鑑 建築・美術・デザイン・歴史』(共訳、西村書店)ほか。

 

こちらもチェック!
_________________________________________

『芸術の都 パリ大図鑑』

 

 

 

『芸術の都 パリ大図鑑 建築・美術・デザイン・歴史』

 

 

 

 

_________________________________________________

『芸術の都 フィレンツェ大図鑑』

 

 

 

『芸術の都 フィレンツェ大図鑑 美術・建築・デザイン・歴史』

 

 

 

 

_________________________________________________

『フレッチャー 図説 世界建築の歴史大事典』

 

 

 

『フレッチャー 図説 世界建築の歴史大事典 建築・美術・デザインの変遷』

 

 

 

 

_________________________________________________

『パリの街並み』

 

 

 

『パリの街並みと暮らし 知られざる魅力』

 

 

 

 

_________________________________________________

『不思議の国のアリス』

 

 

 

『不思議の国のアリス』

 

 

 

 

_________________________________________________

『鏡の国のアリス』

 

 

 

『鏡の国のアリス』

 

 

 

 

_________________________________________________

『クリスマス・キャロル』

 

 

 

『クリスマス・キャロル』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『ポターが愛した庭』
『ビアトリクス・ポターが愛した庭とその人生 ピーターラビットの絵本の風景』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________
『庭の小道から』

 

 

 

『庭の小道から ~英国流ガーデニングのエッセンス~』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『ファージョン自伝』

 

 

 

『ファージョン自伝 ~わたしの子供時代』

 

 

 

 

_________________________________________________

『楽しい川辺』

 

 

 

『楽しい川辺』

 

 

 

 

_________________________________________________

『秘密の花園』

 

 

 

『完訳豪華愛蔵版 秘密の花園(新装版)』

 

 

 

 

_________________________________________________

『黄金時代の挿絵画家』

 

 

 

『〈子どもの本〉黄金時代の挿絵画家たち』

ドイル、ラッカム、グリーナウェイ、ポター、ニールセン、シェパードほか、19世紀前半から第二次大戦までの挿絵画家の系譜

 

 

 

 

_________________________________________________