およばれのテーブルマナー

978-4-89013-971-2

フィリップ・デュマ 絵と文 久保木泰夫 訳

B5変型判・上製・48 ページ

発行年:2016年07月21日

ISBN:978-4-89013-971-2

定価:本体1,300円+税

在庫僅少

数量:

内容

エルメス家の食卓がお手本!
ふたたび招待してもらいたい食いしん坊に捧ぐ—

およばれ先で、子どものテーブルマナーの悪さに決まりの悪い思いをしたことはないでしょうか。
そんな方に読んでもらいたいのがこの絵本。
もともとは、エルメスの4代目の社長の息子である作者が、
自分の子どもたちにテーブルマナーを教えるために書いたもので、
ナイフやフォークの持ち方から、美しい食べ方、客人との自然な接し方、リラックスした仕草まで、
食事における振る舞いの基本が、イラスト主体で説明されています。
ユーモアたっぷりの文とイラストを親子で楽しみながら、正しいテーブルマナーを身につけましょう!

 

『およばれ』中身ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲ユーモアたっぷりの文とイラストで、”マナー違反”や”模範的な振る舞い”を楽しくおぼえましょう!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
絵と文●フィリップ・デュマ (PHILIPPE DUMAS)
1940 年、カンヌに生まれる。幼年期からパリで教育を受けるが、
デッサンにおける描写力は画家バルチュスにも認められる。
パリ国立美術学校(エコル・デ・ボザール)を卒業。
1976 年に童話作家として、子どものための最初の絵本「ローラの冒険シリーズ」を発表。
以後、著名な作家のリクエストにより、あるいは名著の挿絵画家として、数多くの作品を世に送り出している。
1987 年にはパリ市から、児童文学の分野で出版した一連の作品に対してグランプリを贈られる。

 

訳●久保木 泰夫(くぼき やすお)
ポワチエ大学でラテン語・古典ギリシャ語・中世美術史と同時に、
音楽学セクションで古楽とヴィオラダガンバを専攻後、
1976 年パリ第三大学音声学研究所卒業(仏語圏比較方言+パリ方言研究)。
エルメス銀座の建設からオープニングまで芸術顧問として常勤し、
完成の2001 年メゾンエルメスと命名するなど運営上の多彩なコンセプトを提案する。

 

こちらもおすすめ!
_________________________________________

『パリの街並み』

 

 

 

『パリの街並みと暮らし 知られざる魅力』

 

 

 

 

_________________________________________________

『もぐもぐ』

 

 

 

『すききらい、とんでいけ! もぐもぐマシーン』

 

 

 

 

_________________________________________________

『美術館って』

 

 

 

『美術館ってどんなところ?』

 

 

 

 

_________________________________________________

『女性の服飾文化史』
『女性の服飾文化史 新しい美と機能性を求めて』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『およばれ』

 

 

 

『およばれのテーブルマナー』エルメス家の食卓がお手本!

 

 

 

 

_________________________________________________