わたしは映画監督 ヤング・シャーロット

978-4-89013-972-9

フランク・ビバ 作/まえじま みちこ 訳

B4変型判・上製・38ページ

発行年:2016年5月20日

ISBN:978-4-89013-972-9

定価:本体1,500円+税

在庫あり

数量:

内容

MoMA(モマ)発! 子どもの創造力を育む絵本第二弾。
今回は映画作りに夢中の、個性的な女の子が主人公です。

シャーロットは、両親とねこのスマッジといっしょにニューヨークに住んでいます。
シャーロットは映画をつくるのが好きで、カメラのレンズを通して、
ほかの子どもたちとはちがうふうに世界を見ています。
そんなシャーロットでも、ときどき落ちこんでしまうことがあります。
でも、ニューヨーク近代美術館(MoMA)でスカーレットという女の人に出会い、
いろいろなことが変わってきました…!

好きなことを貫きとおす強さや、ものをつくるときのわくわくする気持ちを、
子どもへ伝えたい方へぴったりの1冊です。
創造の楽しさを味わえる、MoMA発の絵本。

 

▼ここからかわいいシャーロットに会えます!

 

作●フランク・ビバ Frank Viva
イラストレーター、デザイナー。過去2年間に10回、『ニューヨーカー』誌のカバー・アーティスト。入賞してベストセラーになった3冊の子ども向け絵本を出版している。その中の1冊、『Along a Long Road(「ながいながいみち」/バナナブックス) 』は、『ニューヨーク・タイムズ』の「2011年 子ども向け絵本ベスト10」にも選ばれた。また、ブランディングとデザイン代理店 Viva&Co.の設立者として精力的に活動。ニューヨーク近代美術館(MoMA)やポール・スミスなどに提供するプロダクトをデザインし、制作するウィグビー社の創設者の1人でもある。自転車と電車やバスなどの公共の輸送機関を愛好。現在、家族とともにカナダのトロントに在住。

訳●前島美知子 Michiko Maejima
慶應義塾大学大学院(修士)終了後、2005年にパリに渡り、建築史の研究を続ける。そのかたわら、ワインやモード業界での通訳や翻訳を手がけ、フランス文化と世界の関係について新たな視座を開拓中。訳書に『ぼくは建築家 ヤング・フランク』『パリの街並みと暮らし』(以上、西村書店)など。現在、フランス国立科学研究センター(CNRS)建築・都市・都市計画・環境研究室(LAVUE)研究員。学術博士(日本、フランス)。

こちらもチェック!
_________________________________________

『ヤング・フランク』
『ぼくは建築家 ヤング・フランク』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『美術館ってどんなところ?』

 

 

 

『美術館ってどんなところ?』

 

 

 

_________________________________________________

『劇場ってどんなところ?』

 

 

 

『劇場ってどんなところ?』

 

 

 

_________________________________________________

『スピルバーグ』
『スピルバーグ その世界と人生』

 

 

 

 

 

_________________________________________

『ヤング・シャーロット』
『わたしは映画監督 ヤング・シャーロット』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________