水の継承者 ノリア

978-4-89013-738-1

エンミ・イタランタ 著 末延弘子 訳

四六判・並製・304ページ

発行年:2016年3月14日

ISBN:978-4-89013-738-1

定価:本体1,500円+税

在庫あり

数量:

内容

水が尽きると、儀式は終わる。

スカンジナビア連合のはるか北部――
ニューキアン軍部の占領下にある村に暮らす少女、ノリア・カイティオは、
父のような’茶人’になるために修行を重ねていた。
茶人は、ただ茶をたてるだけでなく、過酷な責任と使命を担っていた。
かつて町全体を潤していた天然の泉を――人知れず残された水の在り処を、秘密裏に守り続けていたのだ。
だが、水を隠すことは犯罪だった。
過去の資源や技術が失われた世界で、違法に水を得た者には厳罰が処せられる。
父が死んだあと、友人の窮状を救うため、日々水を運ぶノリアに、軍は疑惑の目を向けた。
水の検閲が強化されていくなか、細々と村人たちの抵抗は続く。
流れ続ける水への想いを抱きながらも追いつめられていくノリア。
水について学び得た知識と、手が届くかもしれない自由との間で、人生を賭けた決断のときが訪れる。

静かな緊迫感をはらんだディストピア小説。フィンランドの新進作家による、渾身のデビュー作!
◆カレヴィ・ヤンッティ賞、テオス社ファンタジー・SF小説大賞受賞!
◆2015年アーサー・C・クラーク賞、フィリップ・K・ディック記念賞等にノミネート
【映画化決定】

 

 

著者エンミ・イタランタ氏 来日イベント決定!
●2016年9月25日(日)14:30-15:30 東京国際ブックフェアトークイベント『水の継承者ノリア』の著者が語るフィンランド文学/対談:末延弘子氏(訳者) →終了しました
●2016年9月29日(木)19:00-20:30 来日トークイベント/対談:SF&ファンタジー評論家 小谷真理 氏(ジュンク堂書店池袋本店にて) →終了しました
★facebookにて最新情報更新中!★
https://www.facebook.com/noria.japan/

★来日リリースが配信されました(2016.9.13.)★
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000010438.html

 

 

 

 

著●エンミ・イタランタ (Emmi Itäranta)
1976年生まれ。フィンランドの作家、コラムニスト。現在、英国のカンタベリーにあるケント大学に勤める。ドラマトゥルク、脚本家、演劇批評家、執筆家としても活躍し、フィンランドと英国のSF雑誌やアンソロジーに寄稿している。2012年、フィンランドで出版された本書は、若手作家に贈られるカレヴィ・ヤンッティ賞、およびフィンランドの大手出版社であるテオス社SFファンタジー小説大賞を受賞した。

訳●末延弘子 (すえのぶ・ひろこ)
1975年生まれ。東海大学北欧文学科卒業、国立タンペレ大学フィンランド文学専攻修士課程修了。フィンランド文学情報センター(FILI)勤務。白百合女子大学非常勤講師。フィンランド文学協会、カレヴァラ協会会員。レーナ・クルーンなどフィンランド現代文学の訳書多数。著書に絵本『とりのうた』。2007年度フィンランド政府外国人翻訳家賞受賞。

 

こちらもチェック!
________________________________________

「ルミッキ1」書影
『ルミッキ 1 血のように赤く』
________________________________________
「ルミッキ2」書影
『ルミッキ 2 雪のように白く』
________________________________________
「ルミッキ3」書影
『ルミッキ 3 黒檀のように黒く』
________________________________________
『シタとロット ふたりの秘密』
 『シタとロット ふたりの秘密』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『囀る魚』

 

 

 

『囀(さえず)る魚』

 

 

 

 

_________________________________________________