ピカソの世紀 キュビスム誕生から変容の時代へ 1881~1937

978-4-89013-605-6

ピエール・カバンヌ 著 中村隆夫 訳

四六判・上製・1016ページ

発行年:2008年11月25日

ISBN:978-4-89013-605-6

定価:本体5,500円+税

在庫あり

数量:

内容

その偉大さゆえに過大評価され、ゆがめられてきたピカソ像。本書では、生前の本人への直接インタビューをはじめ、丹念な取材をもとに、ひとつひとつ真偽を確かめながら巨匠の姿を明らかにしていく。

 

ピエール・カバンヌ Pierre Cabanne (1921~2007)
フランスの美術批評家、ジャーナリスト、作家。国立高等装飾美術学校の教授を務め、ジャーナリストとしては『コンバ』紙、『ル・マタン』紙に多くの美術批評を執筆。ピカソのほか、ゴッホ、ルーベンス、フェルメール、アール・デコ、ロートレック、デュシャンなどの研究書や、美術館のガイドブックなどを執筆。美術事典の編纂にも関わる。

 

中村隆夫(なかむら・たかお)
多摩美術大学教授。上智大学文学部フランス文学科卒業、慶應義塾大学大学院美学美術史修士課程修了。著書に『絵画の向こう側』(NHK出版)、『バロックの魅力』(共著、東信堂)、『象徴主義:モダニズムへの警鐘』(東信堂)、訳書にクーパー『キュビスム』(西村書店)など。監修した展覧会に「洗濯船と蜂の巣」展(2016年)、「ピカソ–子どものような純真な心で」展(2007年)など。

 

こちらもチェック!

_________________________________________

『続 ピカソの世紀』

 

 

 

『続 ピカソの世紀 ゲルニカと戦争、そして栄光と孤独 1937~1973』

 

 

 

 

_________________________________________________

『アートライブラリー ピカソ新装版』

 

 

 

『アートライブラリー ピカソ(新装版)』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『新西洋美術史』

 

 

 

『新西洋美術史』

 

 

_________________________________________________

『ゴッホの手紙』

 

 

 

『ゴッホの手紙 絵と魂の日記』

 

 

 

 

_________________________________________________

『子どものための美術史』
『子どものための美術史』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『直感こども美術館 見てごらん!名画だよ』

 

 

 

『直感こども美術館 見てごらん!名画だよ』

 

 

 

 

_____________________________________________

『ピカソの世紀 キュビスム誕生から変容の時代へ 1881~1937』

 

 

 

『ピカソの世紀 キュビスム誕生から変容の時代へ 1881~1937』