スポーツ医学プライマリケア -理論と実践-

978-4-89013-401-4

ギャレット/カーケンダル/スクワィアー 著 宮永 豊 総監訳 赤間高雄/宮川俊平/向井直樹 監訳

B5・640ページ

ISBN:978-4-89013-401-4

定価:本体14,000円+税

在庫あり

数量:

内容

スポーツに関わる医師や医療従事者らが直面する、あらゆる問題に対する信頼できるガイダンスを提供。さまざまスポーツごとにおけるけがの疫学を概説し、予防や治療法を提示。参加前身体検査や、児童青年期・女性・障害者の競技者における特別な問題、競技者における社会心理的問題、医学的管理法、および急性頭部外傷やオーバーユース症候群での診断・治療法などのトピックスを設け詳説。
各章ではスポーツ障害・外傷を診断するための画像法や、利用できる様々な治療法の役割について述べる。
他、『スポーツ運動科学−バイオメカニクスと生理学−』、『スポーツ医学プライマリケア−理論と実践−』の全3巻。

続きを見る

目次

総 論
チームドクター
参加前身体検査
現場での救急処置
持久性スポーツにおけるメディカルサポート
法とスポーツ医学
スポーツ医学 画像
特定層アスリート
若年アスリート
女性アスリート
障害者スポーツ
心理社会学的な事項
競技者の薬物乱用
スポーツでの薬物検査
摂食障害
けがとリハビリテーションの心理的影響
スポーツにおける痛みとけが
性:スポーツ医学との関連から
障害者とスポーツにおける社会学的分析
一般的医学問題
スポーツ皮膚科学
アスリートの伝染性単核球症
スポーツにおける血液媒介病原体
スポーツ心臓
運動誘発アナフィラキシーと蕁麻疹
てんかんを有する競技者
気管支喘息や他の呼吸器疾患をもった運動選手
頭痛とアスリート
1型糖尿病を有する運動選手
スポーツ選手の血液学的問題
運動選手における腎の問題
運動選手や活動的な者における寒冷障害
オーバーユースと外傷
高校・大学スポーツにおける重大事故
頭部外傷
腹部外傷
運動における陰部損傷
骨端軟骨損傷
牽引性骨端症
裂離損傷
疲労骨折
スポーツ疫学
野球の生理学
自転車競技
ダンス
アメリカンフットボール
ゴルフ
アイスホッケー
ラクロスおよびホッケー
武 術
漕 艇
ランニング
スキー
サッカー
水 泳
テニス
バレーボール
水上スキー
ウェイトリフティング
レスリング
けがの管理
基本原理中心のリハビリテーション
アスレティックテーピング
PRICE:傷害管理