ルーヴル美術館の舞台裏 知られざる美の殿堂の歴史

978-4-89013-696-4

パスカル・ボナフー著/ジャン=ピエール・クーデルク 写真/ 田中 佳 訳

B5変型判・上製・192ページ

発行年:2014年03月16日

ISBN:978-4-89013-696-4

定価:本体3,600円+税

在庫あり

数量:

内容

城塞として建てられたルーヴルがどのような経緯で美術館になったのか。
《モナ・リザ》やフェルメールの作品がなぜルーヴルに所蔵されているのか。
収蔵品の管理やコレクションの収集、展示はどのようになされているのか。
鑑賞のために訪れただけでは見えてこないを美術館のさまざまな顔を、
宮殿・芸術品・美術館の歴史をもとに、写真や絵画資料を多様しながら明らかにする。
*シャルダン、レンブラントなどの絵画作品のほか、ハンムラビ法典やサモトラケのニケなど、
収蔵品に関する15本のコラムも収録。

 

 

<目次>
ルーヴルへのご招待
1章 すべての始まりは城塞から
2章 宮廷の建設、《モナ・リザ》の購入
3章 階段が語る5世紀
4章 ルーヴル宮とテュイルリー宮の歴史
5章 野望から放置へ
6章 多彩な中庭
7章 ギャラリーとサロン
8章 宮殿を美術の神殿に
9章 王政復古と革命
10章 「大計画」の完成
11章 世界的な美術館
12章 天井が物語る歴史
13章 作品の展示場所の考案
14章 ルーヴル、夜、幽霊

 

 

[著]パスカル・ボナフー(Pascal Bonafoux) 小説家、展覧会監修者、美術史家。パリ第8大学教授として美術史を講ずる傍ら、国際芸術都市の事務局長を務める。美術、特に自画像をテーマとした論考を多数著す。

[訳]田中 佳(たなか けい) フランス文化史専攻。ルーヴル美術館の創設史を研究。現在、徳島大学大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部准教授。

 

こちらもチェック!
_________________________________________

『パリ大図鑑』

 

 

 

『芸術の都 パリ大図鑑 建築・美術・デザイン・歴史』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ルーヴル宮』

 

 

 

『ルーヴル宮 パリを彩った800年の歴史』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『美術館って』

 

 

 

『美術館ってどんなところ?』

 

 

 

 

_________________________________________________

『名画の秘密レオナルド』

 

 

 

『名画の秘密シリーズ レオナルド・ダ・ヴィンチ《モナ・リザ》』

 

 

 

 

_________________________________________________

『パリの街並み』

 

 

 

『パリの街並みと暮らし 知られざる魅力』

 

 

 

 

_________________________________________________

『アンティーク照明』
『魅惑のアンティーク照明 ヨーロッパ あかりの歴史』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________