ルービン カラー基本病理学 第5版

978-4-89013-449-6

編者 E.ルービン/H.M.ライスナー 監訳 河原 栄/中谷行雄

B5・並製・780ページ

発行年:2015年3月23日

ISBN:978-4-89013-449-6

定価:本体6,600円+税

在庫あり

数量:

内容

  • 病理学を学ぶ学生に必要な基本的情報を要領よくまとめたエッセンシャル版。
  • 9章からなる「総論」で疾患の原因、発症機構、病態を、20章からなる「各論」で臓器ごとの疾患を〈発症機構〉〈臨床像〉〈病理〉〈疫学〉などの項目に統一して解説。
  • 明快で美しいと評判のイラストと組織像・肉眼像のカラー図版、あわせて700点を掲載。

●目次
第1章 細胞傷害
第2章 炎 症
第3章 修復,再生,線維化
第4章 免疫病理学
第5章 新生物(腫瘍)
第6章 発生障害と遺伝性疾患
第7章 血行動態の異常
第8章 環境と栄養の病理学
第9章 感染症と寄生虫疾患
第10章 血 管
第11章 心 臓
第12章 呼吸器系
第13章 消化管
第14章 肝・胆道系
第15章 膵 臓
第16章 腎 臓
第17章 下部尿路と男性生殖器系
第18章 女性生殖器系
第19章 乳 腺
第20章 血液病理学
第21章 内分泌系
第22章 肥満症,糖尿病,メタボリック症候群
第23章 アミロイドーシス
第24章 皮 膚
第25章 頭頸部
第26章 骨と関節
第27章 骨格筋
第28章 神経系
第29章 眼
第30章 細胞病理学

●編者
E.ルービン   ジェファーソン医科大学 病理学/解剖学/細胞生物学 教授
H.M.ライスナー ノースカロライナ大学医学部 病理学 教授

●監訳
河原 栄  金沢大学医学部 医薬保健研究域 保健学系教授
中谷行雄  千葉大学 大学院医学研究院 診断病理学/千葉大学医学部附属病院 病理部教授

●訳者(章順)
河原 栄  金沢大学医学部 医薬保健研究域 保健学系(第1,5,29章)
岸本 充  千葉大学 大学院医学研究院 病態病理学講座(第2章)
伊藤浩史  山口大学 大学院医学系研究科 分子病理学(第3章)
青木一郎  横浜市立大学 大学院医学研究科・医学部 分子病理学(第4章)
上田善道  金沢医科大学 医学部 病理学科(第6,21,26章)
白石泰三  三重大学 大学院医学系研究科 腫瘍病理学講座(第7,17*,22,24*章)
谷澤 徹  東京都立墨東病院 検査科(第8章)
伊藤雅文  名古屋第一赤十字病院 病理部(第9章)
高橋正人  秋田厚生医療センター 病理診断科(第10章*)
増田弘毅  秋田大学 大学院医学系研究科 器官病態学講座(第10章*)
野澤昭典  国際医療福祉大学 熱海病院 病理部(第11章)
橋本克訓  名古屋大学 大学院医学系研究科 医療技術学専攻 病態解析学講座(第12章)
大井章史  金沢大学 大学院医学研究科 分子細胞病理学(第13章)
藤岡保範  社会医療法人 母恋日鋼記念病院 病理診断科(第14,15章)
長嶋洋治  東京女子医科大学病院 病理診断科(第16章)
林 昭伸  三重大学 医学部附属病院 病理部(第17章*)
今井美和  石川県立看護大学 健康科学講座(第18章)
増田しのぶ 日本大学 医学部 病態病理学系 腫瘍病理学分野(第19章*)
豊島千絵  関西医科大学付属枚方病院 研修センター(第19章*)
山川光徳  山形大学 医学部 病理診断学講座[第20章*;「赤血球」「止血」]
吉野 正  岡山大学 大学院医歯薬学研究科 病理学第二講座[第20章*;「白血球」以降]
髙橋睦夫  山口大学名誉教授(第23章)
西村啓介  音羽病院(第24章*)
中村暢樹  社会保険山梨病院 病理診断科(第25章*)
長尾俊孝  東京医科大学 人体病理学分野(第25章*)
松原四郎  東京都立神経病院 脳神経内科(第27章)
新井信隆  公益財団法人東京都医学総合研究所 神経病理解析室(第28章)
清川貴子  千葉大学 大学院医学研究院 病態病理学(第30章)

 

こちらもチェック!
_________________________________________

『大ルービン』
『カラー ルービン 病理学 -臨床医学への基盤-』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『新毒性病理組織学』
『新毒性病理組織学』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『ダイナミック病理学』
『カラー ダイナミック 病理学 -365症例からのアプローチ-』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『自己評価型 病理学ノート』
『自己評価型 病理学ノート』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『マクロ病理』
『カラーアトラス マクロ病理学 第3版』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『カラー人体解剖学』

 

 

 

 

 

『カラー人体解剖学 構造と機能:ミクロからマクロまで』

 

_________________________________________________