グレタのねがい 地球をまもり 未来に生きる ★2020年1月24日予定

978-4-86706-007-0

ヴァレンティナ・キャメリニ 著 杉田七重 訳 増田ユリヤ 解説

四六判・並製・120ページ

発行年:2020年01月24日(予定)

ISBN:978-4-86706-007-0

定価:本体980円+税

近日刊行予定

内容

世界を動かした16歳の勇気ある環境活動家、グレタ・トゥーンベリの物語。

2018年、スウェーデンの夏は記録的な暑さとなり、火災が多数発生しました。
「もう待てない」。
15歳の少女だったグレタ・トゥーンベリは、
地球温暖化を食い止めるための行動を大人たちに迫るため、
授業をボイコットして、たったひとりで学校ストライキ「未来のための金曜日」を始めます。
それはツイッターやインスタグラムを通じて、
またたくまに世界中の少年少女たちへと広がっていきました。
グレタは気候変動に関する国連サミットCOP24をはじめ各地で講演し、
2019年のノーベル平和賞にもノミネートされています。
より良い未来をつくりだすために、権力を持つ人たちの無関心と戦い、
声をあげる活動は今なお続いています。

 

◇読者対象:小学校高学年以上 ◇小5以上の漢字にルビ

 

【 内容紹介 】
●1章~9章  ●地球温暖化ってなんだろう  ●わたしたちにできることは?  
●気候変動問題に関する主なキーワード  ●環境に関する主なトピック
●グレタさんから学べること――ジャーナリスト・増田ユリヤ 
●グレタさんの記事を英語で読んでみよう

 
_______________________________________

著◆ヴァレンティナ・キャメリニ
イタリア・ミラノ生まれ。ウォルト・ディズニー社のコミック部門で働いたのち、小説や子どもの本の執筆に携わる。

 

訳◆杉田七重 (すぎた ななえ)
1963年、東京生まれ。東京学芸大学教育学部卒業。主な訳書に、『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』『楽しい川辺』『すばらしいオズの魔法使い』(以上、西村書店)、『世界のはての少年』(東京創元社)、『フラミンゴボーイ』(小学館)、『変化球男子』(鈴木出版)、『たいせつな人へ』(あかね書房)などがある。

 

解説◆増田ユリヤ (ますだ ゆりや)
神奈川県生まれ。國學院大學文学部史学科卒業。27年にわたり、高校で世界史・日本史・現代社会を教えながら、NHK ラジオ・テレビのリポーター兼ディレクターを務めた。現在ジャーナリストとして活躍中。主な著書に『揺れる移民大国フランス』(ポプラ社)、『新しい「教育格差」』(講談社)、『現場レポート 世界のニュースを読む力』(共著、プレジデント社)などがある。

 

★こちらもチェック!
________________________________________

『すごいね! みんなの通学路』

 

 

 

『すごいね! みんなの通学路《世界に生きる子どもたち》』

 

 

 

 

_________________________________________________

『私はどこで生きていけばいいの?』

 

 

 

『私はどこで生きていけばいいの?《世界に生きる子どもたち》』

 

 

 

 

_________________________________________________

『マララさん こんにちは』

 

 

『マララさん こんにちは 世界でいちばん勇敢な少女へ』

 

 

 

_________________________________________________

『マララの物語』

 

 

 

『マララの物語 わたしは学校で学びたい』

 

 

 

 

_________________________________________________

『マンデラ』
『ネルソン・マンデラ その世界と魂の記録』

 

 

 

 

 

_________________________________________

『わたしは女の子だから 世界を変える夢をあきらめない子どもたち』

 

 

 

『わたしは女の子だから 世界を変える夢をあきらめない子どもたち』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『グレタのねがい 地球をまもり 未来に生きる』

 

 

 

『グレタのねがい 地球をまもり 未来に生きる』

 

 

 

 

 

_________________________________________________