ネルソン・マンデラ その世界と魂の記録 ★10月中旬予定

978-4-89013-793-0

ベニー・グール写真 ロジャー・フリードマン著 金原瑞人/松浦直美 訳

B4変型タテ・上製・304ページ

発行年:2018年10月23日

ISBN:978-4-89013-793-0

定価:本体4,600円+税

近日刊行予定

内容

アパルトヘイト撤回のために闘った伝説の指導者。
その貴重な遺産を振り返る格好の1冊。

20世紀の良心を代表するマンデラ、生誕100年。

ネルソン・マンデラは、きわめて独創的な計画をえがき、
一国の魂を蘇らせようとした稀有な政治家である。

自ら率先して人は寛大になれることを示せば、
南アフリカ国民は(そして世界は)彼のあとに続くという信念はゆるぎなかった。

27年におよぶ獄中生活を耐えて自由を勝ち取ったが、
わずか5年、国を統率したのちに79歳で大統領の職を離れた。
やりはじめたことの行方を見届けることはかなわなかったのだ。

ベニー・グールとロジャー・フリードマンは、
マンデラの死の直前まで、彼のすぐ近くでジャーナリストとしての仕事を続けた。
本書に収められたグールの写真の多くは、これが初公開となる。

 

 

—・—・—・—・—・—・—・—・—・—・—・—・—・—・—・—・—・—・—・—・

 

写真●ベニー・グール(Benny Gool)
マンデラと交流のあった数少ないフォトジャーナリストのひとり。南アフリカ報道写真家賞など受賞多数。現在の個人的なクライアントに、デズモンド・ツツ名誉大主教、オプラ・ウィンフリーや「エルダーズ」〔世界の指導者による組織〕など。その仕事は南アフリカだけでなく国際的にも広く出版・展示された。現在はオリックス・マルチメディアのディレクターとして活動中。

 

著●ロジャー・フリードマン(Roger Friedman)
ジャーナリスト。南アフリカの元新聞記者で、アパルトヘイト政策から民主主義への移行について執筆。グールとともに1996年には真実和解委員会に関して報道し、2000年にはマルチメディア制作会社を設立。ネルソン・マンデラの財団や博物館などのクライアントと活動する。デズモンド・ツツ名誉大主教、デズモンド&リア・ツツ・レガシー財団とも活動している。

 

訳●金原瑞人(かねはら・みずひと)
岡山県出身。法政大学教授・翻訳家。訳書は児童書、YA小説、一般書、ノンフィクションなど500点以上。訳書に『不思議を売る男』『さよならを待つふたりのために』『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年』、エッセイ集に『サリンジャーに、マティーニを教わった』、日本の古典の翻案に『雨月物語』、監修・著書に『13歳からの絵本ガイド』(小社刊)等。

 

訳●松浦直美(まつうら・なおみ)
愛知県出身。『ART iT』編集部を経て翻訳家となる。訳書に『世界のアート図鑑』、「ヒミツの子ねこ」シリーズ、『新編シアーズ博士夫妻のマタニティブック』『日めくりマタニティブック』などがある。

 

こちらもチェック!

_________________________________________

『マララの物語』

 

 

 

『マララの物語 わたしは学校で学びたい』

 

 

 

 

_________________________________________________

『イクバル 命をかけて闘った少年の夢』

 

 

 

『イクバル 命をかけて闘った少年の夢』

 

 

 

 

_________________________________________________

『私はどこで生きていけばいいの?』

 

 

 

『私はどこで生きていけばいいの?《世界に生きる子どもたち》』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ピカソの世紀 キュビスム誕生から変容の時代へ 1881~1937』

 

 

 

『ピカソの世紀 キュビスム誕生から変容の時代へ 1881~1937』

 

 

 

 

_________________________________________________

『続 ピカソの世紀』

 

 

 

『続 ピカソの世紀 ゲルニカと戦争、そして栄光と孤独 1937~1973』

 

 

 

 

_________________________________________________

『スピルバーグ』
『スピルバーグ その世界と人生』

 

 

 

 

 

_________________________________________

『サン=テグ』

 

 

 

『サン=テグジュペリと星の王子さま 空に幸せをもとめて』

 

 

 

 

_________________________________________________

『13歳からの絵本ガイド YAのための100冊』

 

 

 

『13歳からの絵本ガイド YAのための100冊』

 

 

 

 

_________________________________________________

『マンデラ』
『ネルソン・マンデラ その世界と魂の記録』

 

 

 

 

 

_________________________________________