ことば降る森

978-4-89013-788-6

井上さくら著

四六判・並製・264ページ

発行年:2018年03月20日

ISBN:978-4-89013-788-6

定価:本体1,400円+税

在庫あり

数量:

内容

一歩を踏み出したい人のために。強くてやさしいファンタジー

人生の岐路でゆらぐ4人の女性が、不十分な自分を受け入れ、
大切な人々と思いを通わせていく。

我らと共に、ことばよ、飛び立て!
医者をやめ、念願だった物書きへの道を歩みはじめたケイ。
ある日、机の引き出しから、手のひらサイズの美少女、パンドラがあらわれる。
他人に決して見られたくない過去を綴ったノートを、ケイはパンドラとともにめくっていく。
学生時代や診察時のこと、患者とのやりとり。
そこには、自身の怠惰さや思いやりのなさ、嘘や悪口、自己弁護が溢れていた。
すべてを見終わったとき、ケイは自分の望みを自覚する。
「私は強さとやさしさをもって、ことばを届けたいのだ」と。

 

そのとき、「集会に行け」の文字がノートに浮かび上がる。
ケイは驚きながらもノートの地図をたよりに集会所にたどり着く。
黒い服の人々が死者を囲み、祈りながら何かを集めているのを目撃したケイは、
彼らに連れられて“ことばファクトリー”へ行く。
集めたことばを磨き、整え、命を吹き込み、必要なひとへ届けている場所だった。

 

ケイをはじめ、姪で医者のアイや、セラピストのマイ、親友でピアニストのメイは、
人生の岐路で葛藤しながらも、“ことば”を通じて、自身を受け入れ、大切な人々と思いを通わせはじめる。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
著●井上さくら
静岡県・浜松市在住。小児科医。玄関の戸を開けるとマリオネットのキュートが迎える家で、
夫とゴールデンレトリーバーとの三人で暮らしている。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

こちらもチェック!
________________________________________

『蝉の交響詩』

 

 

 

『蟬の交響詩』

 

 

 

 

_________________________________________________

『囀る』

 

 

 

『囀(さえず)る魚』

 

 

 

 

_________________________________________________
『ナミコとささやき声』

 

 

 

『ナミコとささやき声』

 

 

 

 

_________________________________________________

『カシュガル』

 

 

 

『カシュガルの道』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『ヒーロー 家族の肖像』

 

 

 

『ヒーロー 家族の肖像』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ママドクター』

 

 

 

『ママドクターからの幸せカルテ 子育ても仕事も楽しむために』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『残酷な偶然』

 

 

 

『残酷な偶然 ~法医学教室のアリーチェ~』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『ことば降る森』

 

 

 

『ことば降る森』

 

 

 

 

_________________________________________________