織られた町の罠

978-4-89013-785-5

エンミ・イタランタ 著 末延弘子 訳

四六判・並製・400ページ

発行年:2018年02月03日

ISBN:978-4-89013-785-5

定価:本体1,500円+税

在庫あり

数量:

内容

この町では、人の命に価値は認められない。
生き延びるため、己の技能を磨かなければ、追放あるのみ――。

ある晩、血にまみれた少女が織の家の敷地内で発見された。
舌を切られた少女の手の平に彫られていたのは、織り子のエリアナの名前だった。
少女の素性と入れ墨のことを探るうちに、
エリアナは町の背後に見えない組織の力が蠢(うごめ)いていることに気づく。
度重なる洪水が島を襲い、未知の病によって動植物や島民に異変が起こり始め、
織り子たちが織り上げた道はゆっくりと沈んでいく。
やがてエリアナは、糸が織られるように絡みあう島の過去と現在に、
自分の運命も編みこまれていることを知る。
織り子たちが織り上げた糸の壁――もしくは、島では固く禁じられている夢のなかにいるかのように。

 

アーサー・C・クラーク賞、フィリップ・K・ディック賞ノミネートの
『水の継承者ノリア』(映画化決定)につぐ2作目!

 

 

●フィンランドの著名な作家イタランタの2作目は美しく織り上げられたファンタジーだ。
差し迫る陰謀と危険を見事に融合させて熟成し、
独自の設定と個性的なキャラクターをフルカラーで表現している。
ファンタジー好きの読者も、初めての読者も、
この魅力的なフィクションを存分に楽しむだろう。  
—–パブリッシャーズ・ウィークリー

●タンペレ市文学賞、鏡の湖賞 受賞!

 

 

 

 

 

著●エンミ・イタランタ (Emmi Itäranta)
1976年生まれ。英国・カンタベリー在住のフィンランド人作家。2012年のデビュー作『水の継承者ノリア』(西村書店)は世界的ベストセラーとなり、若手作家に贈られるカレヴィ・ヤンッティ賞およびフィンランド国語教師会賞を受賞した。版権は21ヶ国に売れ、フィリップ・K・ディック賞、アーサー・C・クラーク賞、フィンランドSF賞などにもノミネートされた。2作目となる本作は、タンペレ市文学賞およびフィンランド・トールキン協会による鏡の湖賞を受賞。デビュー作同様、フィンランド語と英語で執筆している。

 

訳●末延弘子 (すえのぶ・ひろこ)
1975年生まれ。東海大学北欧文学科卒業、国立タンペレ大学フィンランド文学専攻修士課程修了。フィンランド文学情報センター(FILI)勤務。白百合女子大学非常勤講師。フィンランド文学協会、カレワラ協会会員。『水の継承者ノリア』(西村書店)、レーナ・クルーン、ノポラ姉妹などフィンランド現代文学の訳書多数。著書に絵本『とりのうた』。2007年度フィンランド政府外国人翻訳家賞受賞。

 

こちらもチェック!
________________________________________

『水の継承者ノリア』

 

 

 

『水の継承者 ノリア』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『人間たちの庭 ホテル・サピエンス』

 

 

 

『人間たちの庭 ホテル・サピエンス』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『シタとロット ふたりの秘密』
 『シタとロット ふたりの秘密』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『長い眠り』

 

 

 

『長い眠り』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『囀る魚』

 

 

 

『囀(さえず)る魚』

 

 

 

 

_________________________________________________

「ルミッキ1」書影
『ルミッキ 1 血のように赤く』
________________________________________
「ルミッキ2」書影
『ルミッキ 2 雪のように白く』
________________________________________
「ルミッキ3」書影
『ルミッキ 3 黒檀のように黒く』
________________________________________

『ファング一家の奇想天外な謎めいた生活』

 

 

 

『ファング一家の奇想天外な謎めいた生活』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『織られた町の罠』

 

 

 

『織られた町の罠』

 

 

 

 

 

_________________________________________________